診療放射線技師や看護師になろう|医療系の大学で専門的に学ぶ

学ぶべき事と就職先

整体

講義の内容

整体師になるには、通信講座を受講したり整体院に就職して働きながら施術方法を学ぶ方法もありますが、養成学校で学ぶのが一番いいでしょう。専門知識を体系的に学べ、実習などで実際に施術することで学んだ知識と治療技術とを結び付けて習得することができます。カリキュラムは学校やコースによって様々ですが、本格的にプロを目指すコースでは、解剖生理学、病理学、東洋医学などの医学知識とともに、肩こりや頭痛、腰痛、骨盤のゆがみ、ぎっくり腰などさまざまな症状別に、実践的な治療技術を習得していきます。施術の流れや組み立て方も学んでいきます。独立開業をいずれ目指す人対象のコースでは、上記知識や技術の習得に加えて、開業や運営に関してノウハウも学びます。

強みを持つと良い

お客さんに喜んでもらえる整体師になるには、何かひとつ強みとなるものを持つといいでしょう。例えば美容整体です。美容整体は、近年女性に人気の整体です。基本は普通の整体と同じですが、出産後の骨盤矯正や小顔矯正、足のゆがみの矯正など、特に女性からのニーズに応えた施術を行う整体です。また幅広い症例に対応できる整体師になるには、リラクゼーションマッサージやカイロプラクテックなどの技術を身に着けておくのもいいでしょう。学校を卒業した後に整体師になるには、整体院に就職するケースが最も多いですが、カイロプラクテック院やリラクゼーションサロンに就職するケースもあります。スポーツジムでスポーツトレーナーとして選手の健康管理を行うケースもあります。