診療放射線技師や看護師になろう|医療系の大学で専門的に学ぶ

学ぶべき事と就職先

プロの整体師を目指すのにも様々な方法がありますが、最も有効な方法は、養成学校に通って学ぶことです。養成学校では、コースによってカリキュラムが異なり、プロから本格的な知識や技術などが学べるのです。

大切な仕事の一つ

看護の仕事に従事する人は決して多いとはいえない状況です。そういうなかにあって看護師の需要も大きくなっています。専門学校に行くことでより実践的な教育を受けることが可能です。期間も短く費用も安いため、早く現場で働きたい人には最適な選択肢です。

国家試験を狙うなら

熊本県の医療を担う人材を輩出しているのが熊本駅前看護リハビリテーション学院です。徹底した国家資格受験へのサポートを行い合格を強力に後押しします。学費もリーズナブルで、その後の進路に幅が広がるのもポイントとなります。

放射線技師になるために

男性

専門の過程がある

診療放射線技師になるには、まず、医療系の専門学校や大学の養成コースに入学しなくてはいけません。放射線技師養成の専門課程には、専門学校での3年のコースや大学での4年間の課程などがあります。いずれの学校でも、診療放射線技師に必要な知識や経験が身に付けられるように、綿密なスケジュールが組まれています。大学や専門学校の決められた課程に沿って修学して、その後に国家資格を受験することになります。診療放射線技師の国家資格に合格すれば、学校を卒業後に技師として仕事をすることができます。仕事を始める前は、技師としての職を得ることが必要です。これから診療放射線技師を目指す人は、専門課程のある学校に入学することから始めましょう。

就職や進路

診療放射線技師養成の大学は4年間の課程ですが、専門学校に入学する場合は3年と少し修学期間が短いため、その分学生生活が忙しくなります。一般に、医療系の専門課程は必修科目が多く、忙しいと言われています。診療放射線技師になるための学校に入る人は、少し忙しい学生生活になることを覚悟しておきましょう。学生生活は忙しかったりして大変な面もありますが、専門の過程を終えて試験に合格すれば放射線技師として活躍できます。診療放射線技師は一定の求人があるので、就職に関しては安定しています。大学でも専門学校でも、その後の就職先は医療機関がほとんどになります。民間の企業に就職するケースなどもありますが、たいていの人は病院などで診療放射線技師になる道を選びます。